スポンサーリンク

ヨガのメリット・デメリットは?本当に健康や美容に大きな効果があるの?

ヨガ全般

ヨガって、なんとなく身体に良さそうだなと分かっていても、具体的にどういった効果があるか答えられる人は少ないんじゃないでしょうか?

私もヨガの具体的な効果について知らなかった一人でした。

ですが、ヨガの具体的な効果が分かってヨガをやるほうが、より効果が出るような気がしませんか?

そこでヨガの効果について調べてみたら、健康や美容だけじゃなくて、精神的にも効果があると分かりました!

本当にヨガはメリットがたくさんあるので、ヨガをやらないと損しちゃうってくらいです。

じゃあ、ヨガのデメリットはないのか?って思いますよね。

ヨガにデメリットが有るかどうかも調べたので、最後まで読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

ヨガを始めることで得られる、筆者が感じた6つのメリット

ヨガを始めて、なんとなく調子がいいなと感じる日が増えました。

そこで、具体的に私が感じた6つのメリットについてご紹介します。

とはいえ、ヨガってなんとなく身体にいいとか、美容にいいって聞いたことがあるけれど、具体的な効果について知らない人も多いんじゃないでしょうか。

私もどんな効果があるのか、ちゃんと知らなかったので、健康や美容にどんな効果があるのか調べてみましたよ。

すると、ヨガの代表的なメリットについて、大きく分けて

  • 健康面
  • 美容面
  • 精神面

の3種類あることが分かりました。

ヨガを続けると、色んな面でメリットを感じるというわけですね。

身体の歪みやくせを直し、肩こり・腰痛などの緩和

ヨガは本来、体にとって負担の少ない姿勢で行えるようにできています。

そのため、ヨガを続ければ、自分の姿勢の癖や歪みに気づくようになります。

さらに正しい姿勢でポーズが取れるようになると、自然と体の歪み、傾き、ねじれなどが改善されていくわけです。

ということは、デスクワークやスマホの利用によって猫背になってしまった場合も、ヨガを続けることで緩和する可能性があります。

実際にヨガを続けていると、なんとなく身体が軽くなってきましたし、冬場の冷えも少し良くなりました。

私の肩こりは、かなり重症なので完璧に治っていませんが、ヨガをやった翌日は身体が軽くなるような感じがあります。

ヨガを続けることで、体の歪みや傾き、ねじれなどが改善されて、肩こりや腰痛、冷え性などが緩和するようです。

肩こりや腰痛は、身体の歪みやねじれで発生している場合も多くあります。

そこで、ヨガを行うことで正しい姿勢になれば、血流がよくなり、肩こりや腰痛、冷え性の改善につながるわけです。

体力や筋力がアップする

さらに、ヨガは全身を使ってポーズを取るので、全身に適度な負荷がかかります。

ウォーキングも毎日続けたら、歩く距離が増えていくのと同じで、ヨガも毎日続けたら、適度な負荷のおかげで体力がアップしますよ。

ヨガって動きがゆっくりなので、あまり辛くないだろうって思ってる人が多いんじゃないでしょうか?

意外とヨガって疲れます。

体を伸ばしてポーズを取って、その姿勢を維持するのは体幹が必要です。

正しい姿勢を気にしながら太陽礼拝を30分くらいするだけで、慣れない間は結構疲れます。

慣れてくれば、心地よい疲労感なんですがね。

全身を使ってポーズを取ることにより、インナーマッスルが鍛えられるというわけです。

インナーマッスルが鍛えられることで、筋肉量も増えます。

体力や筋力がアップすると、疲れにくくなったり、たくさん動けるようになったりと、とてもメリットがあります。

ヨガの場合、筋トレみたいなハードな動きじゃないので、全年代の人が取り組めるという点もいいですね。

代謝がアップし、老廃物が出やすくなる

インナーマッスルが鍛えられ、筋力がアップすることにより、代謝もアップします。

代謝がアップしたからか、肌の調子が最近とてもいいんです!

こころなしか、肌も潤ってる気がします。

代謝が悪いと、身体の中に悪いものが溜まりがちになってしまうので、肌がくすんだり、荒れる原因になります。

代謝を良くして、肌や髪が常に新しい状態になるようにしておきたいですね。

基礎代謝がアップすることにより、細胞の新陳代謝もアップし、皮膚や髪が常に新しい状態になり、潤いが与えられます。

さらに、血流やリンパの流れがスムーズになり、老廃物が身体にとどまらず、身体から排出されるようになります。

老廃物が身体から出れば、ツルツル・ピカピカのお肌が手に入りますよ。

皮膚や髪が常に新しい状態であれば、美肌になって見た目が若々しくなりますね。

太りにくい体質になる

ヨガを行い全身を使ってポーズを取ることにより、インナーマッスルが鍛えられることは先ほど紹介しました。

インナーマッスルが鍛えられることで筋力がアップし、太りにくい体質になります!

また、ヨガを続けることで体力がついて、たくさん動けるようになり、その結果太りにくくなるというのもあります。

私はインナーマッスルが鍛えられて筋力がアップした実感より、体力がついてたくさん動けるようになった実感のほうが強いです。

他にも代謝がアップしたからか、むくみがなくなって脚など細くなったような気がします。

太りにくくなるのも嬉しいですが、見た目に変化が出るともっと嬉しいですよね。

ヨガをやることで、筋力アップし太りにくい体質になり、さらに全体的に細くなるなんて最高ですね!

リフレッシュ・リラックスできる

ヨガには健康や美容の効果だけでなく、精神的なメリットもあります。

たとえば、ヨガにはリフレッシュ・リラックス作用があります。

私が一番最初に感じたヨガのメリットは、リフレッシュやリラックス効果でした。

「疲れたな…」とか、「面倒だな…」と思っていても、ヨガをやると、とてもスッキリした気持ちになります。

なんとなく疲れが取れるような感じがあるんです。

こういったリラックスとか、リフレッシュ感が好きで、ヨガを続けてる人も多いと思います。

というのも、ヨガは元々瞑想的な意味が強く、自己を見つめ直すものでした。

そのため、ヨガをすることで呼吸やポーズに集中することで、リフレッシュ・リラックスにつながるというわけです。

朝イチでヨガを行ってリフレッシュしてもいいし、一日の終りにヨガを行って、リラックスした状態で寝るのもいいですね。

ヨガは激しい運動じゃないので、一日中どの時間帯に行っても平気なのが非常に嬉しいです。

ストレスが緩和する

先程のリフレッシュやリラックスに繋がりますが、ヨガを続けるとストレスが緩和します。

ヨガを行うことでスッキリ感が得られるので、落ち込んでいた気持ちが緩和する気がしました。

さらに、ヨガをやってるときは呼吸が深くなるので、気持ちも落ち着きますね。

調べてみたら、ヨガの呼吸法やポーズ、瞑想を通してリラックスすることにより、自律神経を整える効果があることが分かりました。

自律神経が整うことにより、心身のバランスも整うので、ストレスが緩和されます。

イライラしてるときや、落ち込んでるときにヨガを行うと、イライラや落ち込みが緩和されるので、おすすめです。

また、春先など環境の変化が大きい時期も、自律神経が乱れがちになるので、ヨガで自律神経を整えるようにすると、季節の変わり目の不調が緩和されるかもしれません。

ヨガを実際に体験してみて感じる人が多そうなデメリット3つ

では、ヨガを行うことにデメリットはないのでしょうか?

調べたところ、ヨガを行うデメリットはほぼありません。

しかし、全くデメリットが無いわけではないようで、いくつかデメリットを発見しました。

無理をすると腰痛などが悪化する可能性もある

例えば、大人数のクラスで行うヨガだと、周りにつられてちょっと無理なポーズを行ったり、続けてしまうことがありませんか?

自分だけポーズができてないと、なんとなく恥ずかしい気がしますよね。

けれど、無理なポーズを続けてしまうと、身体に正しくない力が加わり、逆に歪みやこりがひどくなる可能性があります。

身体に正しくない力が加わることにより、肩こりや腰痛が治らないばかりか、ひどくなる可能性だってあります。

ただしこれは、自分の無理のない範囲でポーズを取ったり、インストラクターの指導を受けて正しいポーズを取れば、腰痛悪化などのデメリットはありません。

私も最初は頑張って、ちょっと無理をしてポーズを取ってましたが、最近は「ポーズが取れなくてもいいじゃん!」って開き直って、受けるようになりました。

このほうが、身体に無理な負担がかからなくて、つらい気持ちが一切ありません。

腰痛悪化は、あくまでも自分の解釈で無理をした場合、起きるデメリットですね。

急激な変化は望めない

また、ヨガで短期的に痩せる、体調を良くするといった変化は望めません。

今までさんざんヨガって凄い!みたいな効果を話してきましたが、はっきり言って体重は全く変わってません。

むくみが減って、脚がスッキリしたのはあるかもしれませんが、体重は変わりませんでした。

『ヨガをやって2週間で◎Kg減』とか、ヨガだけではまず無理です。

ヨガは激しい運動じゃないので、どの年代でも取り組めますが、その反面ヨガによる変化はとても緩やかなものです。

ヨガは自分を見つめ直し、心と体を統一させるのが本来の目的でした。

美容や健康への効果は、おまけ的なものだったわけです。

そのため、急激に痩せるとか、1回ヨガを行っただけで肩こりや冷え性が治るといった効果は望めません。

毎日続けて、長期的にヨガを取り組むことで効果がじわじわと現れます。

ある程度のスペースが必要

私が家でヨガをやってるときに、一番困ったのがヨガスペースの問題でした。

スタジオでヨガを行う場合は気にしなかったのですが、ヨガって意外とスペースが必要になります。

立って行うポーズだけじゃなくて、仰向けのポーズもあります。

他にも身体を捻ることもあるので、縦横に両手を広げられるくらいのスペースが必要です。

なんとかヨガマットを敷けるスペースが確保できたとしても、体を捻るポーズのときに、腕が壁などにあたってしまうことがありました。

ワニのポーズとか、自宅だと両手を伸ばせないし、脚も伸ばせないし、家ではやらないポーズの一つです。

もし広いスペースを確保できなくても、立ちポーズを中心に行うなど工夫はできます。

色んなポーズを試しながら、どのポーズなら大丈夫か試してみる必要はあるかもしれません。

まとめ

ヨガのメリット・デメリットについて調べました。

  • ヨガは健康面・美容面・精神面で効果がある
  • 効果が現れるのは緩やか
  • 無理をしなければデメリットはない

ヨガのメリットはとてもたくさんあり、ヨガをしない理由は見当たらないぐらいです。

たくさんのメリットがありますが、効果が現れるのはゆっくりなので、すぐに効果が出て欲しい人には向かないかもしれません。

しかし、健康や美容だけでなく、精神的にもメリットがあるので、少しずつでも無理のない範囲で取り組むといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました